EKIDEN News

駅伝や陸上競技の情報を紹介していきます

トラック 記事一覧

【2016年OTT】オトナのタイムトライアル エントリー

2017年は4月に開催!(本投稿は2016年の記事です)

ランナーとボランティアの募集は終了しました。
たくさんのエントリーをありがとうございます。

でも、”応援だけ” も大歓迎です。

・入場はもちろん無料
高林祐介選手が参戦、ペースメーカ陣も豪華になりそうな予感!
ゴールデングランプリ陸上が行われる等々力競技場のトラックに入れる!

ぜひお待ちしてます。

 

 

※いつもより募集人数が少なくなっています。お申し込みはお早めに!

お待たせしました!
4月3日(土)に、第4回「オトナのタイムトライアル」を開催します。15tt_minna

[ お申し込みはこちらへ ]


------ Link ---------

複数エントリーが可能になりました(“注意書き”をお読みください)

ブラインドランナーの代理エントリーについて

参加申し込み(スポナビDO)

Facebook 、 Twitter 、 大会HP

-------------------

 

今回はOTTにいくつか変化があります。

初めての春開催、会場は川崎の等々力競技場、そしてなんと日本陸上競技連盟との共催レースになりました!

もちろん幅広いレベルの市民ランナーにトラックを走ることの面白さを知ってほしいという主催者の思いと、5000mで自己ベストを目指して走るタイムトライアルというレース形式には、まったく変わりはありません。

豪華なペースメーカーや陸上を愛するボランティアによる運営、自由な雰囲気などもそのままです。

では、なぜ変わるのか。陸連と共催する意味は何なのか。

すこしだけ説明させてくださいね。


OTTは市民ランナーが手作りしきた、市民ランナーのための草の根レース。

陸連は日本一を決める日本選手権の運営やトップ選手の育成などを手がける組織。

走るという点が共通する以外には、関わりがないように見えますよね?

 

でも、あるんです。

 

日本代表選手であれ、初めてトラックを走る市民ランナーであれ、「自己ベストを目指す人」を応援するという姿勢。

そして、トップ選手と市民ランナーがもっとフランクに交流したら、ランニングや陸上競技が面白いものになるのでは、
という思いです。

OTTには前回までにも多くの実業団、大学のトップ選手がペースメーカーとして参加してくれ、彼らの人柄などを身近に感じてきました。

この方向性を陸連の担当者さんに伝えることで共催が実現。

そして強力な(?)凸凹タッグによって、面白いレースにしていきます。

 

また会場の等々力競技場では、毎年世界中からトップアスリートが集まる ゴールデングランプリ陸上が開かれています(今年は5月8日開催)。

世界や日本のトップ選手が走るトラックで、自分も自己ベストを狙えるーーちょっとワクワクしませんか?

 

その他に、いくつかレースを盛り上げる企画も考ています。

エントリー〆切までにあまり時間がありませんが、(ごめんなさい)今年もランナーの皆さんの参加をお待ちしております!

 

お知らせ: ボランティアの応募は締め切らせて頂きました。たくさんの応募をありがとうございました。

-------------------------

【ブラインドランナーの代理エントリーについて】

初日からたくさんのエントリーありがとうございます。
今回、はじめてスポナビDOという
Yahoo!のエントリーシステムを
つかってエントリーを受け付けていますが
出走者兼、伴走者の方や
ブラインドランナーのかわりにPCで
代理エントリーをしようとした場合、
受付を弾いてしまうことがわかりました。

そのため、ブラインドランナーのエントリーのみですが
メールでの受付を行いたいと思います。

・件名を【ブラインドランナーエントリー】として
・出走者の名前とゼッケンに記載する名前
・年令、住所、連絡先(電話番号・緊急連絡先)
・目標タイム
・伴走者の名前 住所、連絡先
・伴走者が他の組でも走る場合は
 予定している組と目標タイム

を明記していただき、
otonatt@gmail.comにお送りください。
決済については開催日当日受付で対応いたします。

たくさんのみなさまからのエントリー。
おまちしております!

-------------------------

 

s-11813343_899700283449985_7735819322387840998_n
s-Ccl1cuVVIAEF-yX
15tt_minna

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA